80年代どっとこむ
Top 音楽 TV番組 マンガ 乗り物 小物 About
 Top乗り物 > Ferrari
フェラーリ

ランボルギーニ

ポルシェ

ヤマハ

ホンダ

カワサキ

スズキ

 イタリアのスポーツカーメーカーとして、いまなおトップをブッチ切りで突き進むカリスマブランドです。そして、世に送り出されるクルマたちは「走る芸術品」とまで称えられるほどの美しさ。って、今更言うまでもないですね。



512BB
 最高時速302km/hという数字が、当時の子供たちをシビレさせました。そして、その流麗で情熱的なフェラーリレッド(画像は黄色ですが)のボディラインは、スーパーカー・カードを見てはため息をついたものです。



308GTB

 フェラーリ=水平対向12気筒 ってイメージがあっただけに、V8って数字だけでしょぼいなと思ったものでした。
 あらためてスペック表を見ると、当時としては確かに凄いかもしれないけど、今じゃ300万円ぐらいの国産車の方が数字的にはいいですよ。でも、腐ってもフェラーリ。オーラ放ちまくってます。



365GTB/4(デイトナ)

 この車は、完璧に1960年代〜1970年代の車です。でも、80年代のアメリカ西海岸バブリー刑事ドラマ「マイアミ・バイス 」に登場してて、ヴァリヴァリ走りまくってました。これがまた、かっこよかったんだな。



365GT4/BB

 今になって始めて知ったんですけど、512BBはこのモデルの後継モデルなんですね。あまりに512BBのインパクトがあったかもんだから、てっきり後発モデルかと思ってました。


バナー 10000058
↑試しに見積もり
とってみたら?

 市販車の世界でもスゴイのに、F1の世界でも圧倒的なスゴさを示しているフェラーリ。スゴ過ぎます。
 ミハエル・シューマッハは、引退から復帰後はメルセデスに乗り換えましたが、未だピークの走りに到達していないところを見ると、やはりコンストラクターの違いなんじゃないかと。。。