80年代どっとこむ
Top 音楽 TV番組 マンガ 乗り物 小物 About
 Top乗り物 > SUZUKI
フェラーリ

ランボルギーニ

ポルシェ

ヤマハ

ホンダ

カワサキ

スズキ

 過激な製品を真っ先に市場投入するメーカーってイメージですね。ガンマ(Γ)、GSX-Rシリーズ、最近では”隼”と発表されるたびに驚きを提供してくれてました。しかし、ブランドイメージがイマイチ(と思ってるのは自分だけ?)なんですよねぇ。二番煎じっていうか、第三のメーカーって言うか、トップにはなれないっていうか。。。。まぁ、よく言えば燻し銀ですけどねぇ。



RG-250Γ

 2スト250の中でも、早い時期からレサーレプリカとしてブイブイ言わせてましたね。市販車初のアルミ角パイプフレームを採用した、まさにロードゴーイングレーサーでした。
HB(ハーベー)、W/W(ウォルター・ウルフ)と進化するたびに過激になっていったのには驚いてました。


GSX1100Sカタナ
ヨシムラ 110-191-8800手曲チタンサイクロン

 1980年のケルンショーに発表された試作車をバイク雑誌で見て、「ゲゲッ!カッチョイー」とぶったまげたものでした。
 そんで、(ほぼ)そのままの形で市販されてまたまたビックリ。日本で発売されたのは750ccで、安全基準の関係でまるで耕運機のようなハンドルだったのには笑っちゃいましたが、セパハンに換装されあるべき姿に改造されたカタナが元気に走っていたものでした。(刀狩から逃れていたともいう)


バナー 10000058
↑試しに見積もり
とってみたら?

 HONDA、BMW、SUZUKIの3社は、二輪車と四輪車の両方を製造するメーカーです。
 こんなこと言うのも失礼ですが、実はスゲー会社なんですね。