80年代どっとこむ
Top 音楽 TV番組 マンガ 乗り物 小物 About
 Top乗り物 > YAMAHA
フェラーリ

ランボルギーニ

ポルシェ

ヤマハ

ホンダ

カワサキ

スズキ

 ボート、バイクなど、そのブランドでレジャー産業を引っ張るメーカーで、正しくは「ヤマハ発動機株式会社」です。エンジンの開発技術は定評があり、トヨタと提携しています。
また、「ヤマハ株式会社」は、楽器やオーディオ、デジタル通信用のLSIとかルーターなんかも開発していたりします。



RZ250/350
【A3ポスター】柴田制作所 バイク・名車イラストレーション/1980 RZ250

 空前のバイクブームの中、ホンダのVT250とともに「レーサーレプリカ」と言われたマシンです。「2ストのヤマハ」の威信にかけて市場に投入したRZシリーズは、チャンバー(タイプの)マフラー、(フロントのみの)ディスクブレーキ、竜巻ホイール(?)と、衝撃的なフォルムでした。
 RZ350に至っては、その強烈な加速が750ccのバイクと比較されたものでした。


TW200(画像はTW225)
TW225

 ラクチンなバイクがでたもんだなぁってのが、発売当時の感想でした。
 実際、数年前のカスタムブームまでマイナー路線まっしぐらの車種でしたが、ブレークしていない&お買い得な価格がカスタムベースとしてうってつけだったらしく、ビッグスクーターブームの前は、TWがいっぱい走っていましたよね。


XJ400D

 大柄な車体と滑らかに回る4気筒エンジンで、ツーリングからスポーツ走行まで一通り楽しめたバイクです。その乗りやすさから教習車でも採用されていたので、世話になった方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?
あと、4本出しのマフラーはサクロン号(ありゃ6本出し)を連想させるデザインでした。


SR400
SR400

 1978年にデビューして以来(なんと現在も新車を売ってます)そのフォルムを変えていない、まさにバイク界のシーラカンスと言うべき一台です。
 シンプルであるがゆえに改造できる範囲も広く、原型をほとんど留めないほどカスタマイズしてしまうマニアな方ももたくさんいます。


SRX4/6(画像は'90〜'95年式)

 レトロ調のSRに対して今風のデザインを採用し、発売時は一世を風靡したのですが、マニアを育てるまでには至らなかったようです。
 その結果、今では買取業者も難色を示す不人気車になっちまいました。
 SRX4は一時所有してたんですけど、当時はまだ30万円で売り払えました。いい時に売れて良かったですよ。そんで、その代金で結婚指輪を買いましただよ。


バナー 10000058
↑試しに見積もり
とってみたら?

 通勤途中にヤマハ音楽教室があるんですよ。そもそもの業態である楽器製造ってことで、電子ではありますけど楽器ははずせないわけで、このためのLSIの開発技術でルーターとかも作ってるんですよね。


それはさておき、YAMAHAで忘れちゃいけないオーディオもちゃんと扱っていますよ。
 正直、自分的にはリビング製品よりこっちの方がしっくりくるんですよね。