80年代どっとこむ
Top 音楽 TV番組 マンガ 乗り物 小物 About
 Topマンガ > その他
ギャグ

格闘マンガ

車/バイク

その他

 「その他」って、すでにカテゴリー分けを放棄してますね(^^;でもまぁ、漫画のジャンル分けが目的じゃないんで、そこらへんは許してやってください。
 80年代は、それまで「包丁人味平」しかなかったグルメ漫画に新星が風を送り込んだり、大人になった漫画世代にちょうど良い「青年誌」が発刊されたりと、色々な動きがあった年代でもあります。



美味しんぼ   原作:雁屋 哲 画:花咲アキラ
美味しんぼ(96)〜究極の料理人・春編〜

 「マッタリとしていてしつこくなく、それでいてコクがある」って言う台詞が登場したかは定かではないですが、漫画にでていてもおかしくはないですよね?
 そして、単にうまいものを食べるだけでは差別化できないとばかりに、素材や調理法などの能書きを仕込んではひけらかして、ヒンシュクをかったオヂサンが多数いたことは周知の事実ですが、あまりにもボキャブラリーが少なく、「おいひぃ〜」としか言えないグルメ旅行のリポーターってのもこれまた困ったものだと思うんですよ。


社長 島耕作   著:弘兼憲史

 留学経験があって英語が流暢に操れて、端正な顔立ちで美人にモテモテ。おまけに上司に好かれてトントン拍子に出世する。離婚してもなおモテモテで、いまや上場企業の社長にまで上り詰めた島耕作。企業を舞台にしたお父さんたちのファンタジーなんですよね。そう、御伽噺。じっさい、あんなにオイシイ思いをしている人たちっていませんって。




 ギャグマンガなんですけど、「玄人のひとりごと」が好きなんです。
 ウンチクたれるあたりが妙に共感できちゃうんですよねぇ。
玄人のひとりごと(9)